埼玉ブルース

埼玉ブルース

埼玉ブルース vol.31 もっと気軽にクラシックを

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 新年明けましておめでとうございます。今年も「埼玉ブルース」をよろしくお願い致します。 ……と、もはや食傷気味のご挨拶を申し上げたはいいものの、まだまだここでお伝えすべき ...
埼玉ブルース

渋澤榮一の蒔いた種は、みかんの花咲く丘とともに 埼玉ブルース第三十回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 JR深谷駅前から連綿と続く銅像群に別れを告げて、さらに歩みを進めます。 この地に縁があるという「みかん」と「歌」のゴールデン・タッグを記念した歌碑があると聞いて、 向か...
埼玉ブルース

ふっかちゃんへの並々ならぬ愛 埼玉ブルース第二十九回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 とかく肌寒いこの季節には、ぬくぬくこたつでみかんを頬張りながら、何気なく鼻歌を口ずさんでいたいもの。 そんな「みかん」と「歌」という最高のゴールデン・タッグに関する記念碑...
スポンサーリンク
埼玉ブルース

いまや埼玉の誇る名物料理であり北本市民のソウルフード 埼玉ブルース第二十八回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 徐々に肌寒さも強まって、巷は師も走り回るほど忙しい師走。そろそろ年忘れのふいんき (何故か変換出来ない)も漂いはじめてはいるものの……ちょっと待って、 このコーナーでした...
埼玉ブルース

ゴーストタウン化していると言う触れ込みをたどって 埼玉ブルース第二十七回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 広い埼玉の片隅に、とあるマニア達から密かな人気を集める不可思議な場所があると言う。 かつて隆盛を極めながら、現在では人影さえ見ないと囁かれるその地は、なんと廃墟として た...
埼玉ブルース

季節外れに話題を攫っている埼玉各地のプール 埼玉ブルース第二十六回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 「夏だ、プールだ、スイミングだ!」。そう叫んだ暑さは何処へやら、今年も残り二ヶ月となり後は 冬将軍の到来を待つばかり。人気を失った海は河○隆一を筆頭に人目を忍ぶカップル達...
埼玉ブルース

ゆるキャラ同士の婚礼に湧き上がる 埼玉ブルース第二十五回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 昨今はいよいよ秋めいて、日に日に冷え込みも厳しくなって来ました。こんな時だからこそ賑やかな 場所に出掛けて、ちょっとでもほっこりしたいよね……。 と言う訳で、今週はこち...
埼玉ブルース

スサノオノミコトの妻、クシナダヒメをお祀り 埼玉ブルース第二十四回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 毎日を忙しい日々を送る社会人や学生さんだからこそ、たまには肩の力を抜いてホッと一息吐きたいもの。 そんな皆さんのリラックスをこっそり応援するべく、いつもゆるゆるな「埼玉ブ...
埼玉ブルース

”デハ”って電動の普通車って言う意味なんだって 埼玉ブルース第二十三回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 お月見・梨もぎ・紅葉狩り……この行楽のシーズンには電車での移動も欠かせないもの。 そんな電車の前身である蒸気機関車が実用化された19世紀から、今年でめでたく210周年! ...
埼玉ブルース

行田ゼリーフライの健闘を讃えて 埼玉ブルース第二十二回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 今年も大好評を博しながら惜しまれつつその幕を閉じたB-1グランプリ。我が埼玉県から堂々参戦した 行田ゼリーフライの健闘を讃えて、実際に舌鼓を打つべく、今週は行田市をぶらり...
スポンサーリンク