各ページへのコメント可能となっております。

ご当地をひたすらさすらう「埼玉ブルース」

ご当地をひたすらさすらう「埼玉ブルース」埼玉ブルース

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力の数々。ご当地をひたすらさすらう「埼玉ブルース」

キラキラとした名所より、なかなか日の目をみない所にこそ本当のよさがあったり、地域の味は隠れていたりするもの。

そんな、ちょっと日陰な埼玉をご案内。

スポンサーリンク
埼玉ブルース

全国の渡辺さんの始まりである渡辺さんが作ったお寺【埼玉ブルース第9回】

いつもこのコーナーをご覧くださっている皆さん、こんにちは。 そして、埼玉県在住のすべての渡辺さんもこんにちは! 誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 今回は全国の渡辺さんのはじまりである渡辺綱さんが作っ...
埼玉ブルース

盆栽 最高傑作に昇華するか朽ち果ててしまうか【埼玉ブルース第21回】

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 そろそろ木の葉も色付きはじめて、一層秋も深まるこの頃。ことさらに紅葉が持て囃され、その名所に こぞって観光客が押し寄せる秋にこそ美しい深緑を拝みたいもの。そんなちょっ...
埼玉ブルース

埼玉第九合唱団の精鋭たち【埼玉ブルース第11回】

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 夏は部活の天王山とは言われますが、何もアツいのは学生さんばかりではありません。この猛暑を一意入魂の美声で迎え撃つ集団が居ると聞き、埼玉切っての精鋭ことグリーナインス...
埼玉ブルース

昭和のレトロ自販機【埼玉ブルース第1回】

キラキラとした名所より、なかなか日の目をみない所にこそ本当のよさがあったり、地域の味は隠れていたりするもの。 そんな、ちょっと日陰な埼玉をご案内。 誰が言ったか「埼玉ブルース」はじまり、はじまり。 さて、A級、B級、ゲテモノ級…… この...
埼玉ブルース

武士道の継承者達「埼玉県居合道大会」【埼玉ブルース第8回】

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 昨今では海外における侍ブームや歴女達の存在で、再び光が当たりつつある武士道。 巷には「武士道とは死ぬことと見つけたり」とはよく言われますが、 「じゃあ、そこに連...
埼玉ブルース

渋沢栄一の蒔いた種は、みかんの花咲く丘とともに【埼玉ブルース第30回】

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 JR深谷駅前から連綿と続く銅像群に別れを告げて、さらに歩みを進めます。 この地に縁があるという「みかん」と「歌」のゴールデン・タッグを記念した歌碑があると聞いて、 ...
埼玉ブルース

旧桶川飛行学校(後編) 全国で唯一となった旧飛行学校が存続する訳【埼玉ブルース第33回】

「なぜここへ戦後にベッドを? 一体誰がなんのために?」 そもそも飛行学生さんたちの生活は、巷に聞く「良質な睡眠」とは、 およそ無縁だったよう。毎朝6時前には起床して、夕方6時過ぎまで 計12時間みっちり詰め込まれた座学と実技に勤しむため、休める時間は...
埼玉ブルース

埼玉各地のプール 季節外れに話題をさらう【埼玉ブルース第26回】

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 「夏だ、プールだ、スイミングだ!」。そう叫んだ暑さは何処へやら、今年も残り二ヶ月となり後は 冬将軍の到来を待つばかり。人気を失った海は河○隆一を筆頭に人目を忍ぶカップ...
埼玉ブルース

旧桶川飛行学校(前編)埼玉のちょっと硬派な素顔【埼玉ブルース第33回】

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 我らが埼玉県に悠久の歴史はあれど、その息吹きに触れられる機会は、なかなか乏しいもの。これまで珍グルメやゆる名所などの朗らかすぎる横顔を眺め続けて来たけれど、折角なら埼玉...
埼玉ブルース

日本考古学上の重要拠点 吉見百穴【埼玉ブルース第15回】

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 人間誰しも恥を抱えて生きるもの。特に、インターネットが隆盛を極める昨今では、とかく恥は減ることはなく ますます増えて行く一方。 昔書いた中二病臭いブログを今更になっ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました