埼玉ブルース

埼玉ブルース

総集編 埼玉ブルース第四十回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 今回はなんと40回目の連載を記念して、これまでお邪魔した埼玉県内各地の見どころを一挙に どどーんと総ざらいでご紹介。いよいよ来る行楽シーズンにちょっと出掛けてみたくなる...
埼玉ブルース

驚きの川幅うどんの太さとは 埼玉ブルース第三十九回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 我らが埼玉県のみならず、全国的な知名度を誇る鴻巣市のひな人形。今なお脈々と 受け継がれ続ける伝統文化に触れたあとは、「やっぱり地元グルメも味わってみたいんです!」 という...
埼玉ブルース

4500体超!「びっくりひな祭り」は何段? 埼玉ブルース第三十八回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 我らが埼玉県の名物といえば、グルメに芸術にスポーツと、その候補は数知れず。なかでも、 今なお全国的に知名度を集める伝統文化があると聞き、今回は「○○○○と花のまち」...
スポンサーリンク
埼玉ブルース

愛され続けてきた町の和菓子屋さん 埼玉ブルース第三十七回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 ※文中の「三代目」の表記が、正しくは「二代目」でした。訂正しております。大変失礼いたしました。 「現代のような多忙極まりない時代だからこそ、むかし情緒に思いを馳せてみ...
埼玉ブルース

「今でたとえるならAKB48のようなアイドルですね」と伺って 埼玉ブルース第三十六回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 道行く人々の手にはスマフォが握られ、誰もが時代に追い立てられている昨今。 忙しないこんな時代だからこそ、たまには昔情緒に思いを馳せてみたいもの。 我らが埼玉県が誇るそ...
埼玉ブルース

交響曲第九番を歌うことを標榜した老若男女による陽気な集まり 埼玉ブルース第三十五回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 既に新しい年がはじまって久しく、すっかり年末色は消え失せているものの、だからこそ この感動を思い出そうじゃないか! という訳で、今週は、そんな並々ならぬ意気込みのもと お...
埼玉ブルース

「千里行って、千里帰る」埼玉ブルース第三十四回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 ”折角だから埼玉県の隠れた素顔も見てみたい”。そんな希求を満たすべく伺ったのは、 我が県でも有数の史跡を誇る桶川市。 太古への郷愁を誘う遺跡や古墳をはじめ、多くの旅人を受...
埼玉ブルース

全国で唯一となった旧飛行学校が存続するわけ 埼玉ブルース第三十三回後編

「なぜここへ戦後にベッドを? 一体誰がなんのために?」 そもそも飛行学生さんたちの生活は、巷に聞く「良質な睡眠」とは、 およそ無縁だったよう。毎朝6時前には起床して、夕方6時過ぎまで 計12時間みっちり詰め込まれた座学と実技に勤しむため、休める時間は ほとん...
埼玉ブルース

埼玉のちょっと硬派な素顔 埼玉ブルース第三十三回前編

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 我らが埼玉県に悠久の歴史はあれど、その息吹きに触れられる機会は、なかなか乏しいもの。これまで珍グルメやゆる名所などの朗らかすぎる横顔を眺め続けて来たけれど、折角なら埼玉の...
埼玉ブルース

全国納豆鑑評会優秀賞受賞、納豆界のスター 埼玉ブルース第三十二回

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。 厳しい寒さが続くものの、大寒を過ぎて、暦の上では既に春。 こうしてうかうかしているうちに、 最もお酒をおいしく飲める花見の好機を逃してしまうではないか! ……ということで...
スポンサーリンク